プロフィール

OpenDialogueColloquium

Author:OpenDialogueColloquium
こんにちは。【オープンダイアローグ研究会OpenDialogueColloquium】です。2000年設立の「ナラティヴ研究会」が前身の研究会で、2014年12月より本名称に変更しました。隔月に一度のペースで周辺分野含めた自由な勉強会を開催しております。学びの輪を広げていこうと本ブログを開設しました。週1の更新を目指して楽しく緩やかに発信して参ります。ご一緒に学び合えましたら幸いです。拙文ではございますが、宜しくお付き合いのほどお願いいたします。十分に対応させていただく時間が無いため、コメント欄は動かしておりません。何卒ご容赦くださいませ。(運営担当:tomo)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

【開催告知】オープンダイアローグ研究会 (24)
【活動報告】オープンダイアローグ研究会 (12)
【書籍紹介】オープンダイアローグ (4)
【書籍紹介】ナラティヴ・セラピー周辺 (1)
【イベント紹介】オープンダイアローグ/ナラティヴセラピー (25)
未分類 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

名古屋市立大学で隔月開催。医療関係者・支援職・学術研究者...が輪になり勉強しています。お気軽にご参加ください。
7/13(金)18:00-21:00野村直樹先生ベイトソン[論理階型]
7/13(金)18:00-21:00野村直樹先生ベイトソン[論理階型]
みなさま、こんにちは。

オープンダイアローグ研究会です。



7月のオープンダイアローグ研究会の

詳細が決まりましたので、以下にご案内いたします。


-------------------------------------


◆日 時: 7/13 (金) 18:00-21:00 


           ※開場・受付:17:45~


◆場 所: 名古屋市立大学 看護学部  


◆講 師: 野村 直樹  (名古屋市立大学人間文化研究科 特任教授)

 
◆主 題: グレゴリー・ベイトソンの[論理階型]について


【 内 容 】

ベイトソンの代表的概念である[論理階型]を理解することと、

論理階型が、私たちの精神過程と深い関わりがあることを取り上げます。



◆参加費 :  3,000円(当日受付でお願いします)   


◆テキスト   

グレゴリー・ベイトソン著『精神と自然』(佐藤良明訳)

「第4章 基準6 変換プロセスの記述と分類は、

 その現象に内在する論理階型のヒエラルキーをあらわす」

  ※事前に一読されますと、当日の理解が深まります。

  ※テキストが手に入らない方は、

   [nomura@hum.nagoya-cu.ac.jp] 宛に
  
   メールで直接ご相談ください。  


◆定員 :  25名 (先着順)   


◆参加申込 : [nomura@hum.nagoya-cu.ac.jp] まで   


-------------------------------------

<<今回初めてベイトソンに触れられる方へ>>

「オープンダイアローグ研究会なのに、

 なぜベイトソンの論説をとりあげるのだろう?」

と思われる方へ、事務局メンバーより、少々のご説明をさせてください。


「オープンダイアローグ」を可能にした理論的な背景には

心理療法分野(特に「家族療法」)を中心とした

幾つかの重要な考え方があると言われています。


中でも、最も重要な位置を占めるのが、

今回取り上げる「グレゴリー・ベイトソン」の

「ダブルバインド理論」だとされています。


なぜなら、ベイトソンの理論が

「オープンダイアローグ」の源流にあたる「家族療法」に影響を与えたことで

「精神病」の捉え方(定義)が大きく変わったとされているからです。

・・・

・・



旧来のサイコセラピーにおいては、

『精神病(情報の出-入力トラブル)の生成場所』は、

「個人の内面」にあるという考え方が一般的でした。


しかし、ベイトソンのダブルバインド理論によると

『精神病(情報の出-入力トラブル)の生成場所』は

当人をとりまく人との「関係性」や

「その相手とのやりとり:メッセージ/コミュニケーション」

にもありうると示唆されたのです。


そこで、であるならば、

その「問題」を創り出してしまうような「関係性」の築き方や

「コミュニケーション」の仕方を変えていくことで

問題(精神病)の解消を図れるのではないか、

という解釈が可能になったのでした。



この視点により、

新しい眼差しで、新しい臨床の様式が試行錯誤されることになり

家族療法が変容を遂げ、発展していく中で

セラピストとクライアントとの在り方ややりとりにおける

二方向性への着眼から「ナラティヴ・セラピー」が生まれます。


「ナラティヴ・セラピー」では、

セラピストの観察地点が、外から内にシフトする流れで

対話のスタンスが変わり、

と同時に、ミハイル・バフチンの対話思想である

「ポリフォニー」「カーニバル」などの諸概念を巻き込むことで、

対話的コミュニケーションが豊かに成熟するプロセスに

新たなセラピーの可能性が広がっていきました。


その一方で、二方向性の概念を応用した

「リフレクティング・チーム」が編み出され

セラピーの公開性、対話の公開性が

治療効果につながることが周知の事実になったのでした。

・・・

・・



以上、

ヤーコ・セイックラらによる「オープンダイアローグ」の実践を下支えする

ベイトソンからの知の系譜を簡単に眺めてきましたが

参考になりましたでしょうか。


ベイトソンの論考は、一般に、抽象度が高く難解だとされますが

何度も繰り返し触れていく事で、その概念に親しみが湧き

少しずつ咀嚼でき、血肉となっていくものです。

好奇心や興味があれば、どうぞ奮ってご参加ください。


なお、今回は、テキストがあり、事前申し込みが必要となっておりますので

前もっての準備をお願い致します。


お目にかかれますこと、事務局一同、心より楽しみにしております。


事務局



スポンサーサイト
【2018/05/24 17:44】 | 【開催告知】オープンダイアローグ研究会 |
4/20(金)18:00山本真実 さんフィンランドの視察報告
4/20(金)18:00山本真実 さんフィンランドの視察報告
みなさま、こんにちは。

オープンダイアローグ研究会です。



4月のオープンダイアローグ研究会の

詳細が決まりましたので、以下にご案内いたします。


-------------------------------------


◆日 時: 2018年4月20日(金曜) 18:00-21:00 


           ※開場・受付:17:50~


◆場 所: 名古屋市立大学 看護学部 4階 402教室


◆講 師: 山本 真実 さん (岐阜県立看護大学)

 
◆内 容: 


【タイトル】

フィンランドでのOD/AD視察に参加して考える対話という支援


【講師より一言ご挨拶】

2/3から2/10まで、ダイアローグ実践研究所主催の

フィンランドOD/AD視察に参加しました。

視察の様子と 視察を通して考えたことを

ご報告させていただきたいと思います。

私は、それほどOD/ADに詳しいわけではありません。

皆さまと意見交流しながら、

ODやAD、そして対話という支援について

理解を深めていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。


◆参加費 : 無料   


-------------------------------------



事前の参加申込みは不要です。

当日はお時間までに、開催場所にお越しください。


みなさま、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

お目にかかれますこと、事務局一同、心より楽しみにしております。


事務局







【2018/03/14 16:53】 | 【開催告知】オープンダイアローグ研究会 |
2018年2/9(金)18:00 臨床心理士 田中究さんをお招きして
2018年2/9(金)18:00 臨床心理士 田中究さんをお招きして
みなさま、あけましておめでとうございます。

オープンダイアローグ研究会です。

旧年中は数々の温かな交流をありがとうございました。

2018年も、どうぞ宜しくお願い致します。



2月のオープンダイアローグ研究会の

詳細が決まりましたので、以下にご案内いたします。


-------------------------------------


日 時: 2018年2月9日(金曜) 18:00-21:00 


           ※開場・受付:17:50~


場 所: 名古屋市立大学 看護学部 4階 410教室


講 師: 臨床心理士 田中 究 さん (関内カウンセリングオフィス)

 
内 容: リフレクティングについて


【タイトル】

リフレクションの試行的実践をめぐる四方山話


【概要】

リフレクション形式を臨床実践の中に導入し始めたのは

2002年のことでした。

アディクション関連のグループを一緒に担当していた

当時の同僚と相談し、

やってみようということになりました。


その後、二室性の戦略的な家族療法からリフレクティング・チームへ、

さらに学校臨床や事例検討会での応用と、

諸々の知見を臨床現場においていわばなぞりながら考える、

ということを大事にしたかったのだと思います。


そうしているうちにオープン・ダイアローグのブームがやってきました。


当日は、ここ15年ほどの断続的な試みから、

以下のようなお話ができないものかと考えております。


対話できない!〜ナラティヴ禁止令

相談できない!〜内と外と空間と

発表できない!〜因果関係の複雑化

導入できない!〜権力あるいはリフレクションを嫌がる人々

終了できない!〜ニーズをめぐるジレンマとオープン・ダイアローグ


後半、リフレクションにかかわるエクササイズを、

できればいくつか実施してみたいと思っております。


【プロフィール】

ホームページをご参照ください⇒ [http://kannai-co.com/counselor/]



参加費 : 一律 2千円  (※講師の交通宿泊費・謝礼として)


-------------------------------------

事前の参加申込みは不要です。

当日はお時間までに、開催場所にお越しください。

みなさま、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

お目にかかれますこと、事務局一同、心より楽しみにしております。


事務局







【2018/01/06 23:25】 | 【開催告知】オープンダイアローグ研究会 |
2018年2/9(金)18:00 臨床心理士 田中究さんをお招きして
2018年2/9(金)18:00 臨床心理士 田中究さんをお招きして
みなさんこんにちは!

オープンダイアローグ研究会です。

次回のオープンダイアローグ研究会の日程が決まりました。

-------------------------------------


日時: 2018年2月9日(金曜) 18:00-21:00 


場所: 名古屋市立大学 看護学部 4階 410教室


講師: 臨床心理士 田中 究 さん
 
     (関内カウンセリングオフィス)

 
内容: リフレクティングについて


-------------------------------------


詳細は、また具体的になってからお知らせします。

どうぞよろしくお願いします。


事務局




【2017/12/20 11:20】 | 【開催告知】オープンダイアローグ研究会 |
3/10(土)11(日)ナラティヴ・コロキウム@駒澤大学 
3/10(土)11(日)ナラティヴ・コロキウム@駒澤大学 
みなさん、こんにちは。

オープンダイアローグ研究会です。


さて、表題の通り、

“ナラティヴ”関連の研究者が集う

1年に一度の春の祭典“ナラティヴ・コロキウム”が

今年も駒澤大学深澤キャンパスにて開催されます。

主催の遠見書房さんのサイトより引用転記ささせていただき

みなさまにご紹介させていただければと思います。



----------------------

第6回

ナラティヴ・コロキウム

─ナラティヴと時間─

----------------------

◆日時

【第1日目】2018年3月10日(土) 

13:00~17:00(受付12:00から)


【第2日目】2018年3月11日(日) 

9:30~17:00(受付9:00から)


◆会場

駒澤大学深沢キャンパス「アカデミーホール」

(〒158-0081 東京都世田谷区深沢6-8-18)

渋谷から東急田園都市線で駒澤大学駅下車 

駅から徒歩15分ほど(定員300)


◆主催

ナラティヴ・コロキウム実行委員会(事務局:遠見書房内)


◆会費

2日間=当日参加 10,000円

学生・院生 7,000円

1日のみ=当日参加 6,000円

学生・院生 4,000円


◆プログラム

3月10日 午後の部

13:00~17:00 ワークショップ

①野村直樹(名古屋市立大学)「ベイトソン・セミナー」

②八巻秀(駒澤大学)「ナラティヴとアドラー」

③やまだようこ(立命館大学)

「ビジュアル・ナラティヴ──視覚イメージで語る」

④下平美智代(リカバリーサポートセンターACTIPS)

「はじめてのオープンダイアローグ」

⑤植村太郎(神戸労災病院)・長沼葉月(首都大学東京)

「ナラティヴ・アプローチ超入門」(仮題)

⑥宮本真巳(亀田医療大学)「

感性を磨く技法──異和感の対自化」


◆17:30より 懇親会 

ホール裏側にある「深沢キャンパス・迎賓館」

(事前4,000円 / 当日5,000円 / 学生4,000円)



【3月11日 午前の部】

9:30~12:30 自主シンポ

※演題募集中です。

あくまでも「シンポ」なので複数の発表が前提です。

シンポの出演者は学割相当での参加割引をしています。

ご興味のある方は,

tomi@tomishobo.comまでお気軽にお問合せください。


【午後の部 14:00~17:00】

「シンポジウム ナラティヴと時間」

やまだようこ先生(立命館大学・心理学者)

「ヴィジュアル・ナラティヴと時間」


堀 有伸先生(堀メンタルクリニック・精神科医)

「喪失する時間:精神科とフクシマ」


角田泰隆先生(駒澤大学・仏教学者)

「有時の巻:人の時間・仏の時間」


野村直樹先生(名古屋市立大学名誉教授・文化人類学者)

「逆因果性とE系列の時間」


司会:荒井浩道(駒澤大学・社会福祉学者)


◆参加資格

ナラティヴに関心のある医療職,対人援助職,

教育職,研究者,大学/大学院生の方など。


◆申し込み方法

参加ご希望の方は,

「お名前」

「ご所属」

「参加日数 2日・1日」

「3月10日の午後中の希望WS名」

「懇親会に参加希望の有無」

をお書きの上,

Eメールで

「ナラティヴ・コロキウム実行委員会事務局

(遠見書房内:tomi@tomishobo.com)」

までご連絡ください。


※当日参加も可能ですが,

WSについては,席数の問題もありますので,

ご希望のWSがある場合は,事前にお申込みください。

※ご参加いただけない方も,

ご興味のある方にこの情報を流していただけるとありがたいです。

-------------------

◆主宰者の遠見書房さんからのメッセージ・・・

横断する概念のためか,たくさんの関係者がいるのに,

なかなか一堂に集まる場がない。

「ナラティヴ」は,そういうところがあります。

医療,心理,看護,福祉,教育といった対人援助職の方や,

社会学,人類学といった異なるの分野の方がバラバラにおられるのが現状です。

そこで,「みんな集まれば面白いのでは?」という趣旨で,

ナラティヴ・コロキウムなる集まりを催すことになりました。

……ということで始めて早6年。

前回2017年3月のナラコロ5では,

250名を超える参加者に恵まれました。

斯界をリードする高名な(!)各科教授から,

精神科医,心療内科医,歯科医,臨床心理士,

看護師,介護士,精神保健福祉士,

司法関係の方,ビジネスマンの方まで,

さまざまな方が集まっています。

6回めのナラコロは,

前回たいへん好評だった自主シンポも合わせ,

ワークショップとシンポジウムの1.5日にわたる

ちょっとしたイベントになりそうです。

学生の方,初学者の方からベテランの方まで,

新しい視点を見つける時間をご一緒しませんか?


⇒詳細は以下、遠見書房のサイトをクリックしてご確認ください。

[ http://tomishobo.com/naracollo.html ]

-------------------


ご案内は以上です。


いよいよ年の瀬ですね・・・

クリスマスから大晦日、そしてお正月。

本年もありがとうございました。
皆様よいお年をお迎えください。


(事務局)
【2017/12/20 07:32】 | 【イベント紹介】オープンダイアローグ/ナラティヴセラピー |
Home* Next