FC2ブログ


プロフィール

OpenDialogueColloquium

Author:OpenDialogueColloquium
こんにちは。【オープンダイアローグ研究会OpenDialogueColloquium】です。2000年設立の「ナラティヴ研究会」が前身の研究会で、2014年12月より本名称に変更しました。隔月に一度のペースで周辺分野含めた自由な勉強会を開催しております。学びの輪を広げていこうと本ブログを開設しました。週1の更新を目指して楽しく緩やかに発信して参ります。ご一緒に学び合えましたら幸いです。拙文ではございますが、宜しくお付き合いのほどお願いいたします。十分に対応させていただく時間が無いため、コメント欄は動かしておりません。何卒ご容赦くださいませ。(運営担当:tomo)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

【開催告知】オープンダイアローグ研究会 (26)
【活動報告】オープンダイアローグ研究会 (12)
【書籍紹介】オープンダイアローグ (4)
【書籍紹介】ナラティヴ・セラピー周辺 (1)
【イベント紹介】オープンダイアローグ/ナラティヴセラピー (25)
未分類 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

名古屋市立大学で隔月開催。医療関係者・支援職・学術研究者...が輪になり勉強しています。お気軽にご参加ください。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
5/21(土)ベイトソンセミナー@名市大病院サクラサイドテラス
5/21(土)ベイトソンセミナー@名市大病院サクラサイドテラス
こんにちは。
オープンダイアローグ研究会です。

久々の更新です。

管理人、季節の切り替わりにパタパタしておりましたら、
うっかり2か月ほど行き過ぎており、失礼しました。(汗


さて、今日は、
当研究会主催者の野村直樹からのお知らせです。

通常の研究会は、ほぼ無料で申し込みの必要もありませんが、
今回は全く違う勉強会ですので、ご承知おきください。

会場のスペースがある程度限られますのと
茶菓子とお席の事前準備が必要ですので、
前もってのお申込みが宜しいかと思われます。

-----------------------------------------------------
第43回 ベイトソンセミナー
@SAKURA SIDE TERRACE (名古屋)
-----------------------------------------------------

◆日 時  2016年5月21日(土曜日) 15時~18時

◆場 所  SAKURA SIDE TERRACE:サクラ サイド テラス
                     (電話052-841-8933)
名古屋市立大学川澄キャンパス西棟1階
      →交通アクセス:地下鉄桜通線 桜山駅③番出口より1分
        /http://www.nagoya-cu.ac.jp/access/sakurayama.html

◆講 師  野村直樹 (名古屋市立大学 人間文化研究科 名誉教授)

◆参加費  一般3,000円  学生2,500円 (飲み物、お菓子付き)

◆内 容  メタローグ「輪郭はなぜあるのか」

G. ベイトソンの『精神の生態学』からメタローグのひとつを取り上げます。
父と娘の会話を通して 輪郭とは何か、
それがコミュニケーションとどのように関係するか、皆さんと考えていきます。
:【ベイトソンセミナーとは

※これまでのセミナーについては、HPをご覧下さい。http://nomuraoffcampus.com/


◆申込方法 

下記をご記入の上
5月17日までにnomura@hum.nagoya-cu.ac.jp宛に
メールでお申込下さい。

①氏名 
②所属 
③メールアドレス 
④テキスト「輪郭はなぜあるのか」の要・不要

※今回のセミナーについてのご質問も申込のアドレスまでどうぞ。       

----------------------

以上です。


と簡単にご説明してきましたが・・・

Q)「ところで、ベイトソン(セミナー)ってなぁに?」

と、お尋ねいただくことは少なくありません。

そこで、拙いなりに管理人なりに
ベイトソンについて思うことを
もにゃもにゃ説明してみたいと思います。


A)「オープンダイアローグ」を可能にした理論的な背景には
 心理療法分野(特に「家族療法」)を中心とした
 幾つかの重要な考え方があると言われています。

 中でも、最も重要な位置を占めるのが、
 グレゴリーベイトソンの「ダブルバインド理論」だとされています。

 なぜなら、正にベイトソンの理論が
 「オープンダイアローグ」の源泉である「家族療法」に影響を与えたことで
 「精神病」の捉え方(定義)が大きく変わったからです。


 それまでは 『精神病(情報の出-入力トラブル)の生成場所』は、
 「個人の内面」にあるという考え方が一般的でした。

 しかし、ベイトソンのダブルバインド理論の考え方は
 そうではなく、

 『精神病(情報の出-入力トラブル)の生成場所』は 

 当人をとりまく人との「関係性」や
 「その相手とのやりとり:メッセージ/コミュニケーション」にもありうると示唆し

 であるならば

 その問題を創り出してしまうような「関係性」の築き方や
 「コミュニケーション」の仕方を変えていくことで 
 問題解消を図れるのではないか、と提案したのです。


 正直なところ、私は、このお話を、何も知らない19歳の時に初めて聞いたので
 ごくごく一般的な生活者としての感覚から
 「ふーん。そんなもんかー。てゆーか、言われてみれば、そうだよねー。」
 としか思わなかったのですが

 後になって勉強を深めていく中で
 こと、長年にわたる専門研究の系譜において
 永らく定説になっている前提を揺るがすということは
 たいへん難しいということを知り、

 彼の提案した新しい視点、新しい切り口、明快な理論は、
 ある意味、この分野にパラダイムシフトを促した
 たいへんにエポックメイキングな事だったのだな、と
 学問や研究の伝統における位置づけと価値を知るようになった次第です。 


 とはいえ、今回のベイトソンセミナーで
 「ダブルバインド」を扱う訳ではありませんので、

 Q)「え?じゃ、このセミナーに来る事に何のメリットがあるの?」 
といった素朴な疑問も湧くかもしれません。

 と勝手に妄想して、
 勝手ながら、もう少し、のそのそ、お話を続けさせてください。


 門前の坊主・・ではありませんが、
 長年、野村からベイトソンの理論についてのお話をお聞きする中で
 管理人が未だに感心しますのは、
 ベイトソンの思考体系の、鮮やかさと秀逸さです。

 理解が深まるほど、理論のエレガントさが分かるようになり、
 彼が如何に博識で、
 型にとらわれない観察眼で本質を観続けようとしたかが
 自ずと推し量られるようになってきた気がします。


 ベイトソンが、たえず読み手に問いかけるのは
 ーWhat do you think? - why?
 -How do you feel? - why?
 みたいなことかもしれないなと、個人的に思います。


 HOW to THINK, HOW to INTERPRET,
HOW to FEEL,HOW to SEE.....

 いつの間にか感覚も思考も停止して
 流れ作業にしてしまっている様々な情報処理を
 ふと立ち止まって、小休止して・・・

 改めて、借り物でない、自分の感覚器で、
 こどものようにとらわれのない眼で、
 丁寧に、ものと向き合う、仕方・・・
 
 そんなものであるかもしれません。

 
 私たちの目の前に「ありありと息づいているもの」を
 いかに観るか、いかに捉えるか、いかに考えるか・・・

 「観る」とは、なにをどうすることか、
 「考える」とはなにをどうすることか・・・

 それぞれ生まれも育ちも違い
 固有の感覚・情報処理方法を持つ、生身の人間だからこそできる、
 特有な情報処理の仕方、
 いわゆる「地頭」の、育み方を教わるようにも思います。


 元々好奇心旺盛で「なぜだろう?」と考えるタイプではありますが
 ベイトソンを知って、私は、「考えること」が以前よりずっと好きになりました。

 ですので、
 「ベイトソンなんて知らないし・・・」なんて方も
 分からないなりにフィーリングでレジュメを読んで
 「自分なりに考えること」の面白さを発見しにいらして頂ければと思います。

 器質的には、目も脳も、自分に備わっているなら
 当然使えていると思いこみがちですが、
 身体を支える筋肉と同じく 
 昔なら平気で駅の階段を駆け上がっていたところなのに
 いつの間にか、辛くて昇れずにエスカレーターしか使えない・・・なんていうように
 脳や目の機能だって、適切に使わなければ、何時の間にか退化してしまいかねません。
 

 「考える」って、とても楽しくて、とてもすてきなこと♪ 
 
 そんな喜びを共有できたら嬉しいです。
 

 今回はご都合が合わない方もいらっしゃるかと思います。
 
 通年、全国のあちらこちらでテーマを変えて
 今後も開催されていくかと思いますので
 また機会を見つけて足を運んでみては如何でしょうか。

 それでは、おめにかかれますこと、たのしみにいたしております。

(事務局:tomo)


※次回のオープンダイアローグ研究会は日程未定・企画準備中です。
  いましばらくお待ちくださいませ♪

※野村直樹先生は、この春より
 「名古屋市立大学 人間文化研究科 名誉教授」に就任しました。
スポンサーサイト
【2016/04/23 01:09】 | 未分類 |
6/17(wed) Rita Charon先生 Narrative Medicine講演会
6/17(wed) Rita Charon先生 Narrative Medicine講演会
こんにちは。
オープンダイアローグ研究会です。


さて、掲題の件、
ホットニュースが入りました。

6月、Narrative Medicineでご高名なRita Charon先生が
名古屋に講演にお越しになります。
(日本緩和医療学会で横浜に来られます)

現段階では、申込み方法などの詳細までお知らせできませんが、
まずはスケジュール確保のお知らせまでにお伝えできれば幸いです。


-------------------------------------------------
Rita Charon先生 Narrative Medicine講演会
-------------------------------------------------

目的:Narrative Medicineについて著名な医師、研究者である、Prof. Rita Charonを招き、
NarrativeMedicineについて、研究、診療、教育面より動機付けを期す。

日時:平成27年6月17日(水) 19:00〜20:30

場所:名古屋大学鶴舞キャンパス医学部鶴友会館大会議室

演者:Prof. Rita Charon

/ Professor of Medicine at Columbia University Medical Center
Executive Director, Program in Narrative Medicine
College of Physicians and Surgeons of Columbia University

Lecture: Narrative Medicine -practice and research -(tentative title)

Language: English

*栗原幸恵先生による、日本語サマリーを適宜行います。


主催:名古屋大学医学系研究科地域医療教育学講座

共催・協力
名古屋大学医学部総合医学教育センター 植村和正 先生
名古屋大学医学部附属病院総合診療科/伴信太郎 先生、青松棟吉 先生
愛知県がんセンター中央病院緩和ケア科/小森康永 先生、下山 理 先生
愛知県がんセンター愛知病院緩和ケア科/橋本 淳 先生
名古屋市立大学人間文化研究科/ 野村直樹 先生




追記
6月15日(火)名古屋医療センター(宮田靖志先生)にて講演会予定
6月18日より、日本緩和医療学会(横浜市)聖路加国際病院(斉藤清二先生)講演予定
【2015/02/18 13:08】 | 未分類 |
昨年の様子【第2回 ナラティヴ・コロキウム@駒大】
昨年の様子【第2回 ナラティヴ・コロキウム@駒大】
前回のブログで
【第3回ナラティヴ・コロキウム】のお知らせをしましたので、
初めての参加を検討される方に向けて(?)参考になるかは分かりませんが、
昨年、私が参加した際の様子を、レポートさせて頂きたいと思います。

言うまでも無く、今年の開催は、
昨年とは違った面白さや雰囲気があることと思いますが、
会場の様子や雰囲気の参考までに・・・♪

なお、以下、あくまでも本文執筆者個人の経験と考え方であり
【オープンダイアローグ研究会】の趣旨とは全く関係がありませんこと
ご理解のうえでお読みくださいませ。



昨年の3月吉日、駒澤大学で行われた同会は、
100名ほどの方が参加されたそうです。

午前中からお昼過ぎまでは
・富山大学保健管理センター教授 齋藤清二先生
・名古屋市立大教授 野村直樹先生
・御茶ノ水大学准教授 岩壁茂先生
をそれぞれの講師に迎えた3つの分科会が開催され、

午後には、全体が合流し、
パネリストを立てた対話式シンポジウムが行われました。


私は、野村先生のワークショップに参加しましたが、
参加者全員が車座で着席し
和やかな雰囲気の中で自己紹介を経た後、
課題図書で提示された概念やスタンスを
それぞれの専門家として
臨床現場で落とし込んで実践してきた中での、
成功例や失敗例、疑問や葛藤について
率直かつ具体的に提示しました。

幅広い年代、ご経験、専門家としての背景をお持ちの参加者が
様々な視点から概念を現場で実践・検討してみたうえでの
生きた経験・生きた知恵が生きた言葉で語られることで
ナラティヴ概念の総合的な把握、活用力が養われたように思いますし、
お互いに視点が異なるからこそ、
盲点を補い合える妙案ともいえる助言も続出しました。

ところどころ合いの手を挟むように
一段抽象度の高い領域から俯瞰した
野村先生のスーパーバイズも伺え、
一本筋の通った理論的な背景を得たことで
各々の実践は、一層地に足の着いたものとなったように思います。

午後に全体で合流して
他の分科会参加者の方々からも
それぞれに所感を伺いましたが、
どれもそれぞれの切り口で、充実した内容のご様子でした。


午後のシンポジウムは途中で予定が変更され、
まず、会場内のオーディエンス参加者をグループ分けして
それぞれのグループ内で討論会を行いました。

その後、
各グループから選ばれた代表者が
パネリストの先生方と共に壇上に上がり
グループ内の意見を報告したり代表して質問をさせていただき
それに対して直接のお返事をいただけるという
絵に描いたようなナラティヴ具合の、なんとも贅沢なひとときでした。


私がお話しさせていただいた参加者の方では
大学教員・研究員・学生さんのほか、
医師をはじめ看護師・歯科医師・薬剤師・臨床検査技師・
理学療法士・作業療法士・臨床心理士・精神保健福祉士・
社会福祉士・介護福祉士さんなど
幅広いコ・メディカルの職種の方が多かったようでした。

そのほか、様々な分野からの単身でのご参加では、
葬儀会社の方、広告業界でマーケティングのお仕事をされている方
経営者の方でマネッジメントの研究もされている方
患者の自助組織NPO運営をされている方など
「人の“こころ”に触れる様々な現場で、
 人とのよりよい関わり方を模索されている」
色々なキャリアをお持ちの方にお会いできたように記憶しています。

そんな皆さんとお話をさせていただく会話の中では
居る場所が違い、立場も違い、バックグラウンドも違えば
当然、ナラティヴへの着眼点も理解も活用法も異なるため
お互い分かったつもりで話しているのに
“こちらの常識、あちらの非常識”のようになり
「?」マークが幾つも飛び交い、愉快でした。

ひとつの感想、ひとつの概念を伝え合うにも
なにせ共通言語が少ないため、
自分自身の知識と語彙と概念を総動員して
試行錯誤でナラティヴについて伝える中で
どこか分かったつもりになっていた
自分の不勉強ぶりを痛感させられ通しでした。

・・


「ナラティヴ(ナラティヴセラピー)」の概念は、
包括的で抽象度が高いゆえに、
一見、容易に理解できるように見えます。

しかし、いざ現場でそれを実践に移すときは
その概念の抽象度を下げ、
日常各々の現場や人々を囲う様々な前提条件や制約の中での
試行錯誤を迫られます。

つまり、ナラティヴの概念を
作用機序(mechanism of action)まで多角的に理解し
自分のフィールドでにおける概念把握と検討・落とし込みが出来ていないと、
うわべや型にとらわれ、空中分解してしまい
実際には活かせないままで終わってしまいがちでもあり得ると思のです。
(他の研究会で、「うちの現場ではナラティヴは実践できません・・だって・・・」
 という趣旨のお声を、ちょくちょく伺う次第)

私自身もそうでしたが、初学者の折は
実践がうまくいかない場合、
「このシステム・メンバー下ではうまくいかないのだ」と
あきらめてしまいそうになりがちでしたが
じっくりと現場を見つめていくと、実はそうではなく、
そこにあるどんな小さな“ナラティヴ”からでも、
可視化できれば動かしはじめることが出来るものだと気づいたのです。

私なりに理解したのは
「ナラティヴ」は、
抽象度の高い概念だからこそ
現場のシステムをしっかりと見抜き、
状況に相応しい活用方法を見出せるよう
“常に私心無く見つめ続け、
 創意工夫して柔軟に考え続け
 できるところから具体的に行動し続ける主体性”が
問われるのだということでした。

だから、いつまで経っても
「よし!これで、分かりきったぞ!これが完成形だ!完了だ!」
というスッキリ感が無い様にも思いますが、

最近の言葉で言えば「地頭(じあたま)」ともいえるかもしれない
各々のたゆまぬ創意工夫の才と、
分かりにくく、分かられにくいことを承知の上で、
現場でやりとりする者同士の内にだけ
ライブで息づくほんのりとした温かさや
じわじわくるこの満足感を、
静かにこっそり極め続ける地道さこそ、
ナラティヴの概念に出会い活かそうとする研究ー実践者の
腕の見せ所でありオリジナリティを発揮するポイントかもしれないな。。。
とぼんやり思う今日この頃です。

以上、長くなりましたが、
様々な分野で、様々な落とし込みを試行錯誤されている方にお目にかかれるのも
本イベント参加(主に夜の懇親会?!)の醍醐味かと勝手に期待する次第です。
わくわく。


以上、あくまでも、本文執筆者である私個人の経験と考え方であり
「オープンダイアローグ研究会」の全体の趣旨とは全く関係がありませんことを
改めて申し添え、レポートを閉じさせていただきます。

(本文:tomo)


【2015/01/12 13:15】 | 未分類 |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。