FC2ブログ


プロフィール

OpenDialogueColloquium

Author:OpenDialogueColloquium
こんにちは。【オープンダイアローグ研究会OpenDialogueColloquium】です。2000年設立の「ナラティヴ研究会」が前身の研究会で、2014年12月より本名称に変更しました。隔月に一度のペースで周辺分野含めた自由な勉強会を開催しております。学びの輪を広げていこうと本ブログを開設しました。週1の更新を目指して楽しく緩やかに発信して参ります。ご一緒に学び合えましたら幸いです。拙文ではございますが、宜しくお付き合いのほどお願いいたします。十分に対応させていただく時間が無いため、コメント欄は動かしておりません。何卒ご容赦くださいませ。(運営担当:tomo)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

【開催告知】オープンダイアローグ研究会 (27)
【活動報告】オープンダイアローグ研究会 (12)
【書籍紹介】オープンダイアローグ (4)
【書籍紹介】ナラティヴ・セラピー周辺 (1)
【イベント紹介】オープンダイアローグ/ナラティヴセラピー (25)
未分類 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

名古屋市立大学で隔月開催。医療関係者・支援職・学術研究者...が輪になり勉強しています。お気軽にご参加ください。
【書籍紹介】医道の日本9月号「うつ・不安」斎藤環先生インタヴュー
【書籍紹介】医道の日本9月号「うつ・不安」斎藤環先生インタヴュー
みなさん、こんにちは。
オープンダイアローグ研究会
です。


今日は11月22日。
いい夫婦の日でございます。^^

「もしかすると、円満夫婦、なかよしファミリーには
 オープンダイアローグ的要素があるかもしれないな~♪」
そんな事を想った朝でした。



さて、ご紹介が遅れましたが、
鍼灸専門誌「医道の日本」の9月号の巻頭特集には、

精神科医で「オープンダイアローグとは何か」を著された
斎藤環先生のインタヴューが掲載されています。


医道の日本9月号表紙


医道の日本9月号記事2


「うつの時代変遷と新しい治療手法」というタイトルで

時代と共に推移してきた
「うつ」を取り巻く構造的変化と共に

オープンダイアローグの基礎的な概念や
治療院で活用するエッセンスについても言及されています。


医療に導入する場合に予期されるリスクや、
コミュニティ・ケアともなる体制づくりにおいて
そこに関わる全ての人が心掛けるポイントなども
平易で端的に紹介されていました。

たいへん参考になりましたので、
遅まきながらお知らせいたします。(^^;


「オープンダイアローグ」
医療だけでなく、メディア、人事・・・
人に関わるお仕事をされる皆さんの間にも、
静かに広まっている様相。

この先の広がりも楽しみです。




今日は連休中日ですね。

どうぞ皆さま、すてきなひとときをお迎えください♪

それでは。

(tomo)
スポンサーサイト
【2015/11/22 11:43】 | 【書籍紹介】オープンダイアローグ |
【イベント案内】11/11(水) 15:30~@中部大学
【イベント案内】11/11(水) 15:30~@中部大学
みなさん、こんにちは。
オープンダイアローグ研究会
です。

今回は、間近に迫った
野村直樹先生の講演会のお知らせです。

愛知県春日井市にある「中部大学」の
「生命健康科学研究所 メディカルエンジニアリングリサーチ部門 学術講演会」に登壇されます。

*入場無料
*申込不要
*一般の方もご参加いただけます。


-----------------------------------------------------------
<<中部大学 学術講演会>>

医療における
「ナラティヴ(物語)」と「ヘルスコミュニケーションの未来」について


-----------------------------------------------------------

日時  : 11/11(水) 15:30~17:00

場所   : 中部大学 春日井キャンパス
      →愛知県春日井市松本町1200 (連絡先:0568-51-1111)
       http://www3.chubu.ac.jp/about/location/
      →最寄駅:神領駅
      →駅からのバス時刻表:http://www3.chubu.ac.jp/schoolbus/timetable/weekday/
     
会場   : 【不言実行館 1階 アクティブホール

講師  :  野村 直樹 氏
        名古屋市立大学大学院 人間文化研究科
        文化と共生分野 教授 

演題   : 「ナラティヴとヘルスコミュニケーションの未来
        ~人間を中心とした「幸福」な医療をめざして~」

        →【概要詳細

対象者 : 学内の学生、教職員、
       学外からの学生、研究者、一般市民


参加方法: 申込不要 ・ 入場無料

<問い合わせ先>
中部大学生命健康科学研究所・メディカルエンジニアリングリサーチ部門
電話: (0568)51-9304(直通)


※講演会終了後、講師を囲んでの「ミニ交流会」が開催されます。
  こちらも、どなたにも自由にご参加いただけます。

----------------------------------------------


諸事情ございまして間際のご案内となりましたが、
一般参加OKとのことですので
みなさまお誘い合わせの上、どうぞ奮ってご参加ください。



オープンダイアローグ研究会事務局


【2015/11/07 18:46】 | 【イベント紹介】オープンダイアローグ/ナラティヴセラピー |
【第5回開催報告】オープンダイアローグ研究会
【第5回開催報告】オープンダイアローグ研究会
みなさん、こんにちは。
オープンダイアローグ研究会です。

10月30日(金)午後6:00~
第5回目のオープンダイアローグ研究会を開催しました。

以下、開催内容の報告です。


◇今回の参加者 
---------------------------------------------               
参加者総数は、44名。
― 一般        :8名
― 学生         :8名
― 大学教員、研究職 :12名
― 医療、支援、セラピスト職:16名
という内訳で
初参加者数は、15名でした。

地域としては、
関東方面、関西方面に加えて
今回は、中国地方からも、遠路足をお運びいただきました。
ご参加いただき、ありがとうございました。


◇主な流れ
--------------------------------------                
※今回は、オープンダイアローグの考え方や手法を
  実際の課題において活かしてみる試みをしました。※


1)全員、輪になって座って自己紹介

2)全員が輪になって座っている中心で
パネリスト3名の対話が繰り広げられた。
 取り囲む人々は、その様子を見守った。

3)3人一組のグループになる。
 :これまで聴いていた3名の対話に対して
  お互い順番に感想を共有した。

4)全体に戻り、それぞれのグループの代表者が
  感想を全員に向かって述べた。

5)追加の意見、感想が他の参加者から述べられた。

6)9時を回ったところで終了となった。


※オープンダイアローグの考え方に基づき
 事前準備、打ち合わせは殆ど省略され
 上記当日の流れは「その場」で組み立てられました。
※また、「不確実性への耐性」という観点から
  最後の大々的な総括も省略されました。


1030opendialogue



◇今回から、情報の発信についても、
 試行錯誤してみています。
----------------------------------------------
これまで、研究会開催報告記事におきましては
本記事執筆者の気軽な主観的感想を掲載してまいりました。

一方で、最近とみに本サイトの閲覧者数、問い合わせ数が増加し
にわかにオフィシャルブログの様な性質も帯びてまいりました。

そこで、事務局で話し合いの結果、今回は、敢えて
「本稿執筆者の主観的感想の掲載を差し控えてみよう」、
という流れになりました。


一般的には、
運営側からの一応の「解説・結論」が出されることに
どこか安心感や拠り所を求めがちですが、

「オープンダイアローグ」の観点から見れば、

ひとつにまとめた見解や解釈を提示することで
「モノフォニー(単旋律)」を強化してしまうことにもなり得ます。


オープンダイアローグの実践において大切なのは

「客観的な正しさの追求」ではなく
「相手を変えようと戦略的な意図を持って臨むこと」
でもありません。

「何も隠さない、率直な、開け放たれた状態で、
 個別で、多様な、複数の視点から、
 相互の視点の違いを尊重し合って
 次々と、対話を、生成し続けること」

「敢えてポリフォニックなままにしておくことで
 相互にも、個別にも、
 すぐにその場で対話が終わるどころか
 むしろ、その時その場を起点に、
 対話が自ずと広がり促進されていく状態を招くこと」

にあると言われます。


其の過程の中でこそ、
今までになかった
「新しい発想」、「視点」、が生まれ
「新しい解釈」「新しい語り」が生じてくるからです。


それこそが
実際に「オープンダイアローグ研究会」
のナマの対話の生成される現場に
足を運んで頂くことの醍醐味でもあるかと考えています。



今回の新しい試みに参加してくださった皆様、
その対話の場にご一緒していただき、ありがとうございました。

研究会の後に発信する情報の内容や表現方法についても、
少しずつ試行錯誤していきたいと思いますので、
良きアイディアをお持ちの方は、
また次回参加の際にでも、お気軽にお声をお聞かせください。



◇問い合わせ先をお尋ねくださったみなさんへ
----------------------------------------------
会場で多くお問い合わせ頂きました
研究会事務局のメールアドレスは以下になります。

opendialogueworkshop @ yahoo.co.jp
(送信時は本メールアドレスの@を半角英数にして、
前後のスペースを消してからご利用ください)


ボランティアスタッフ一名が
本業の傍らに対応しております中、
ここ最近は、お問い合わせ・ご感想も徐々に増えてきました為、
お返事がのんびりしがちです。

本経緯をご理解いただき、
気長にお付き合い頂けましたら幸いです。



オープンダイアローグ研究会事務局
(tomo)
【2015/11/06 18:25】 | 【活動報告】オープンダイアローグ研究会 |
Home*