FC2ブログ


プロフィール

OpenDialogueColloquium

Author:OpenDialogueColloquium
こんにちは。【オープンダイアローグ研究会OpenDialogueColloquium】です。2000年設立の「ナラティヴ研究会」が前身の研究会で、2014年12月より本名称に変更しました。隔月に一度のペースで周辺分野含めた自由な勉強会を開催しております。学びの輪を広げていこうと本ブログを開設しました。週1の更新を目指して楽しく緩やかに発信して参ります。ご一緒に学び合えましたら幸いです。拙文ではございますが、宜しくお付き合いのほどお願いいたします。十分に対応させていただく時間が無いため、コメント欄は動かしておりません。何卒ご容赦くださいませ。(運営担当:tomo)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

【開催告知】オープンダイアローグ研究会 (26)
【活動報告】オープンダイアローグ研究会 (12)
【書籍紹介】オープンダイアローグ (4)
【書籍紹介】ナラティヴ・セラピー周辺 (1)
【イベント紹介】オープンダイアローグ/ナラティヴセラピー (25)
未分類 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

名古屋市立大学で隔月開催。医療関係者・支援職・学術研究者...が輪になり勉強しています。お気軽にご参加ください。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
2018年2/9(金)18:00 臨床心理士 田中究さんをお招きして
2018年2/9(金)18:00 臨床心理士 田中究さんをお招きして
みなさま、あけましておめでとうございます。

オープンダイアローグ研究会です。

旧年中は数々の温かな交流をありがとうございました。

2018年も、どうぞ宜しくお願い致します。



2月のオープンダイアローグ研究会の

詳細が決まりましたので、以下にご案内いたします。


-------------------------------------


日 時: 2018年2月9日(金曜) 18:00-21:00 


           ※開場・受付:17:50~


場 所: 名古屋市立大学 看護学部 4階 410教室


講 師: 臨床心理士 田中 究 さん (関内カウンセリングオフィス)

 
内 容: リフレクティングについて


【タイトル】

リフレクションの試行的実践をめぐる四方山話


【概要】

リフレクション形式を臨床実践の中に導入し始めたのは

2002年のことでした。

アディクション関連のグループを一緒に担当していた

当時の同僚と相談し、

やってみようということになりました。


その後、二室性の戦略的な家族療法からリフレクティング・チームへ、

さらに学校臨床や事例検討会での応用と、

諸々の知見を臨床現場においていわばなぞりながら考える、

ということを大事にしたかったのだと思います。


そうしているうちにオープン・ダイアローグのブームがやってきました。


当日は、ここ15年ほどの断続的な試みから、

以下のようなお話ができないものかと考えております。


対話できない!〜ナラティヴ禁止令

相談できない!〜内と外と空間と

発表できない!〜因果関係の複雑化

導入できない!〜権力あるいはリフレクションを嫌がる人々

終了できない!〜ニーズをめぐるジレンマとオープン・ダイアローグ


後半、リフレクションにかかわるエクササイズを、

できればいくつか実施してみたいと思っております。


【プロフィール】

ホームページをご参照ください⇒ [http://kannai-co.com/counselor/]



参加費 : 一律 2千円  (※講師の交通宿泊費・謝礼として)


-------------------------------------

事前の参加申込みは不要です。

当日はお時間までに、開催場所にお越しください。

みなさま、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

お目にかかれますこと、事務局一同、心より楽しみにしております。


事務局







スポンサーサイト
【2018/01/06 23:25】 | 【開催告知】オープンダイアローグ研究会 |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。