FC2ブログ


プロフィール

OpenDialogueColloquium

Author:OpenDialogueColloquium
こんにちは。【オープンダイアローグ研究会OpenDialogueColloquium】です。2000年設立の「ナラティヴ研究会」が前身の研究会で、2014年12月より本名称に変更しました。隔月に一度のペースで周辺分野含めた自由な勉強会を開催しております。学びの輪を広げていこうと本ブログを開設しました。週1の更新を目指して楽しく緩やかに発信して参ります。ご一緒に学び合えましたら幸いです。拙文ではございますが、宜しくお付き合いのほどお願いいたします。十分に対応させていただく時間が無いため、コメント欄は動かしておりません。何卒ご容赦くださいませ。(運営担当:tomo)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

【開催告知】オープンダイアローグ研究会 (26)
【活動報告】オープンダイアローグ研究会 (12)
【書籍紹介】オープンダイアローグ (4)
【書籍紹介】ナラティヴ・セラピー周辺 (1)
【イベント紹介】オープンダイアローグ/ナラティヴセラピー (25)
未分類 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

名古屋市立大学で隔月開催。医療関係者・支援職・学術研究者...が輪になり勉強しています。お気軽にご参加ください。
【書籍紹介】医道の日本9月号「うつ・不安」斎藤環先生インタヴュー
【書籍紹介】医道の日本9月号「うつ・不安」斎藤環先生インタヴュー
みなさん、こんにちは。
オープンダイアローグ研究会
です。


今日は11月22日。
いい夫婦の日でございます。^^

「もしかすると、円満夫婦、なかよしファミリーには
 オープンダイアローグ的要素があるかもしれないな~♪」
そんな事を想った朝でした。



さて、ご紹介が遅れましたが、
鍼灸専門誌「医道の日本」の9月号の巻頭特集には、

精神科医で「オープンダイアローグとは何か」を著された
斎藤環先生のインタヴューが掲載されています。


医道の日本9月号表紙


医道の日本9月号記事2


「うつの時代変遷と新しい治療手法」というタイトルで

時代と共に推移してきた
「うつ」を取り巻く構造的変化と共に

オープンダイアローグの基礎的な概念や
治療院で活用するエッセンスについても言及されています。


医療に導入する場合に予期されるリスクや、
コミュニティ・ケアともなる体制づくりにおいて
そこに関わる全ての人が心掛けるポイントなども
平易で端的に紹介されていました。

たいへん参考になりましたので、
遅まきながらお知らせいたします。(^^;


「オープンダイアローグ」
医療だけでなく、メディア、人事・・・
人に関わるお仕事をされる皆さんの間にも、
静かに広まっている様相。

この先の広がりも楽しみです。




今日は連休中日ですね。

どうぞ皆さま、すてきなひとときをお迎えください♪

それでは。

(tomo)
スポンサーサイト
【2015/11/22 11:43】 | 【書籍紹介】オープンダイアローグ |
Home*