プロフィール

OpenDialogueColloquium

Author:OpenDialogueColloquium
こんにちは。【オープンダイアローグ研究会OpenDialogueColloquium】です。2000年設立の「ナラティヴ研究会」が前身の研究会で、2014年12月より本名称に変更しました。隔月に一度のペースで周辺分野含めた自由な勉強会を開催しております。学びの輪を広げていこうと本ブログを開設しました。週1の更新を目指して楽しく緩やかに発信して参ります。ご一緒に学び合えましたら幸いです。拙文ではございますが、宜しくお付き合いのほどお願いいたします。十分に対応させていただく時間が無いため、コメント欄は動かしておりません。何卒ご容赦くださいませ。(運営担当:tomo)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

【開催告知】オープンダイアローグ研究会 (24)
【活動報告】オープンダイアローグ研究会 (12)
【書籍紹介】オープンダイアローグ (4)
【書籍紹介】ナラティヴ・セラピー周辺 (1)
【イベント紹介】オープンダイアローグ/ナラティヴセラピー (25)
未分類 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

名古屋市立大学で隔月開催。医療関係者・支援職・学術研究者...が輪になり勉強しています。お気軽にご参加ください。
【ご案内】8/6(土)15:00-:ベイトソンセミナー@名市大病院サクラサイドテラス
【ご案内】8/6(土)15:00-:ベイトソンセミナー@名市大病院サクラサイドテラス
こんにちは。

オープンダイアローグ研究会です。

------------------------------------------------
8月6日(土)15時~18時/名古屋  
べイトソンセミナー
+臨床美術@SAKURA SIDE TERRACE(第2回)   
------------------------------------------------
のご案内です。

8月6日セミナー


先回に引き続き
ベイトソン父娘の会話「輪郭はなぜあるのか」を使い、

アート作業をとおして
・アート(芸術)における輪郭の意味、
・輪郭と臨床との関係、
・輪郭と病理
あるいは
・輪郭と治療
との関連を考えていくセミナーです。

これまで参加されていなくても支障はありません。
     

------------------------------------------------
日 時  2016年8月6日(土曜日) 15時~18時        

場 所  SAKURA SIDE TERRACE(電話052-841-8933)
     名古屋市立大学川澄キャンパス西棟1階 地下鉄桜通線 桜山駅③番出口より1分
     交通アクセス/http://www.nagoya-cu.ac.jp/access/sakurayama.html   

講 師  野村直樹 (名古屋市立大学人間文化研究科)

アシスタント  茂野綾美 (富山大学医学部)               

参加費  3,500円(飲み物、お菓子付)

持ち物 りんご1個

申込方法 
:下記をご記入の上、7月31日までにメールでお申込下さい。 
nomura@hum.nagoya-cu.ac.jp
①お名前 
②職業 
③メールアドレス 
④テキスト「輪郭はなぜあるのか」の要・不要

※今回のセミナーについてのご質問は申込のアドレスまでどうぞ。



(事務局)
スポンサーサイト
【2016/07/21 11:12】 | 【イベント紹介】オープンダイアローグ/ナラティヴセラピー |
Home*